ページの先頭です。
現在地 トップページ > 移住定住 > 移住・定住のサポート > 各種支援制度 > 定住促進空き家改修制度(改修費補助)

本文

定住促進空き家改修制度(改修費補助)

ページID:0001120 更新日:2021年8月20日更新 印刷ページ表示

定住促進空き家改修事業

アニメーションの画像

町では、定住促進と空き家の有効活用を図るため、居住することを目的に空き家を改修した場合、費用の3分の1(75万円を上限)を補助しています。

対象者 空き家の所有者、空き家の購入者あるいは借受者で、次の場合に該当する方
  • 空き家の所有者においては、本人が5年以上町外に居住しておりこの事業を契機としてU ターン
    される方。または、貸し出しをし、5年間引き続き定住目的で入居する者が決定し、事業完了後1
    か月以内に入居予定者から入居の誓約書を受領された方
  • 空き家に定住目的で入居し、住民登録後5年間引き続き定住される方
  • 町税の滞納その他町に対する債務の不履行がない方
  • 移住者の2地域居住や別荘としての利用は認めませんので、事業完了後すみやかに住民登録を
    される方
  • 補助金の交付は、空き家1戸につき1回とします
補助対象事業
  • 台所、浴室、便所、洗面所等の改修およびこれらに附属する備品の購入
  • 内装、屋根、外壁等の改修
  • その他町長が認める事業
  • 公共下水道等への接続に伴う受益者分担金は補助対象としません
補助金額 対象事業に要した経費の総額に3分の1を乗じて得た額とし、75万円を限度とします。
補助金の交付 事業完了後、審査をして交付します。

申請手続の流れ

※必ず事業着手前に申請書を提出してください。
 (着手後の申請については、受理できませんので予めご了承ください)

(1)申請書の提出
【必要書類】補助金交付申請書(様式第1号)、見積書、事業施工前の写真、誓約書(別途様式)
   ↓
(2)交付決定通知書の受理
 役場から申請者へ郵送します。受理した後に、事業着手してください
   ↓
(3)改修等終了後、必要書類の審査
【必要書類】経費の証明書(様式第5号)、施工後の写真、住民票1通
   ↓
(4)現地確認検査
 役場の職員が改修箇所の確認に行きます
   ↓
(5)審査後確定通知の受理
   ↓
(6)補助金請求
【必要書類】請求書(様式第6号)
   ↓
(7)補助金支払