ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > コロナワクチン小児用(5~11歳)接種について(初回接種・追加接種)

本文

コロナワクチン小児用(5~11歳)接種について(初回接種・追加接種)

ページID:0004957 更新日:2022年9月9日更新 印刷ページ表示

※9月以降の接種日程を更新しました。 

お子様(5歳~11歳)へのワクチン接種について

 5歳から11歳の方の、新型コロナワクチン追加(3回目)接種が承認され、併せて努力義務の適用
 となりました。(新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。)保護者の皆さまには、
 接種券に同封している資料や国が公表しているデータを参考にしていただき、十分な検討をしたうえ
 でご判断いただきますよう、よろしくお願いいたします。

​ 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ【厚生労働省HP】<外部リンク>

接種費用

 無料

接種対象者​

 5歳~11歳

 ※接種券は順次送付します。届かない場合はご連絡ください。

 

ワクチンについて

 
  初回接種(1・2回目)

追加接種(3回目)

ワクチン ​小児用ファイザーワクチン 小児用ファイザーワクチン
接種回数 2回 1回
接種間隔 通常3週間 2回目接種から5か月以上
接種対象年齢 1回目の接種日に5歳から11歳 3回目の接種日に5歳から11歳


[他のワクチンとの接種間隔]

  • インフルエンザワクチン以外の予防接種を、新型コロナワクチンと同時に行わないでください
  • 前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

 

接種案内

◆町内での接種

追加接種(3回目)の実施スケジュール 
接種機関 安芸太田病院 予約枠 18人/日
日程 9月27日(火) 15:30~16:30
10月4日(火)

初回接種(1・2回目)は町内では希望者が少ないため実施しません。
現在お持ちの接種券は広域接種で使用できますのでそのままお使いください。
上記の実施日以降は未定です。

◆かかりつけの小児科医でも接種が可能です

  広島県では、小児のワクチン接種について広域接種が行われます。
  
接種可能な小児科については、随時情報が更新されますので、県や
  各市町のホームぺージ<外部リンク>をご確認ください。

  ※小児のワクチン接種については、順次実施されます。現時点での情報に基づいて
   体制を整えていますのでご了承ください。
  ※県外での接種については事前に手続きが必要になります。
   該当する県・市町村については事前に手続きが必要になります。

接種当日について

  • 接種には必ず保護者の同意と立ち合いが必要です。
    (予診票の「被接種者または保護者自署)欄は保護者の自署をお願いします。)
  • 母子健康手帳をご持参ください。
  • 明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは接種を控えてください。
  • ワクチンは肩付近に打つため、肩を出しやすい服装でお越しください。
  • ​5歳未満の方は、5歳になる誕生日の前日まで接種できません。

予防接種健康被害救済制度について

  予防接種では健康被害が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことが
 できないことから、国の救済制度が設けられています。
  新型コロナワクチン接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済が受けられます。
  詳しくは厚労省のホームページ<外部リンク>をご確認ください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?