ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和4年度)について

本文

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和4年度)について

ページID:0004745 更新日:2022年7月15日更新 印刷ページ表示

給付金の概要

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した皆さんに対し、速やかに生活・暮らしの支援を行う観点から、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円を支給するものです。

対象者

次のいずれかに該当する世帯(1と2を重複して受給することはできません。)

  1. 非課税世帯 基準日(令和4年6月1日)時点で安芸太田町に住民票があり、世帯の全員の令和4年度分の住民税が非課税である世帯
  2. 家計急変世帯 令和4年1月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、1と同様の事情にあると認められる世帯

​※1と2ともに、世帯の全員が、住民税課税者に扶養されている者からなる世帯を除く
※既に住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を受けた世帯または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は対象外となります。

対象となる可能性のある世帯等詳しいことについては、以下のチラシをダウンロードしてご確認ください。

支給手続き等については、このページ内にも掲載しております。

給付額

1世帯あたり10万円

支給手続き等

非課税世帯向け

令和4年7月15日(金曜日)に対象となる可能性のある世帯宛てに確認書を発送しました。届いた確認書の記載事項をご確認いただき、必要事項を記入してご返送ください。

確認書の提出期限

確認書の発行日から3か月以内
提出期限までに返信がない場合は、本給付金の受給を辞退したものとみなします。

支給予定日

給付金の支給は、確認書を安芸太田町が受領した日からおおむね3週間後に希望される口座に振り込みます。
支給予定日は、以下のとおりです。
なお、支給日については、決定通知書でお知らせします。

臨時特別給付金(非課税世帯向け)支給予定日
支給回次 受付期限 支給予定日
第1回 7月26日(火曜日)受付分まで 8月5日(金曜日)
第2回 8月4日(木曜日)受付分まで 8月17日(水曜日)
第3回 8月16日(火曜日)受付分まで 8月26日(金曜日)
第4回 8月26日(金曜日)受付分まで 9月7日(水曜日)
第5回 9月6日(火曜日)受付分まで 9月16日(金曜日)
第6回 9月13日(火曜日)受付分まで 9月27日(火曜日)
第7回 9月27日(火曜日)受付分まで 10月7日(金曜日)
第8回 10月4日(火曜日)受付分まで 10月17日(月曜日)
第9回 10月17日(月曜日)受付分まで 10月27日(木曜日)

※受付状況により、支給回次が前後することがありますのでご了承ください。

家計急変世帯向け

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込額が、住民税非課税相当以下となる世帯が対象となります。対象を特定できないため、町から個別のお知らせができません。該当の人は申請が必要ですので、このページから様式をダウンロードして申請してください。なお、申請書は役場窓口でも配布します。
​なお、既に住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を受けた世帯または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は対象外となります。

  • ​収入(所得)が非課税相当以下とは、「令和4年1月以降の任意のひと月の収入(所得)」を12倍した金額が、以下の非課税収入(所得)限度額以下であるかを指します。
  • 収入とは、給与、事業、不動産、年金(非課税年金(遺族年金等)を除く)の収入金額であり、所得とは収入から事業や不動産経費等を除いた金額をいいます。
  • 減収の原因が、新型コロナウイルス感染症の影響によるものと認められない場合は、支給されません。

安芸太田町における非課税相当収入限度額

安芸太田町における非課税相当収入限度額
扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額
単身または扶養親族なし 930,000円
配偶者・扶養親族(1名)を扶養 1,378,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養 1,680,000円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養 2,097,000円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養 2,497,000円
障がい者、未成年者、寡婦(夫)、ひとり親 2,043,999円

安芸太田町における非課税相当所得限度額

安芸太田町における非課税相当所得限度額
扶養している親族の状況 非課税相当所得限度額
単身または扶養親族なし 380,000円
配偶者・扶養親族(1名)を扶養 828,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養 1,108,000円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養 1,388,000円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養 1,668,000円
障がい者、未成年者、寡婦(夫)、ひとり親 1,350,000円

申請期限

令和4年9月30日(金曜日)まで

提出書類

  1. 家計急変世帯用申請書(様式)
  2. 簡易な収入(所得)見込額の申立書(様式)
  3. 世帯主の本人確認書類の写し(免許証、保険証等のいずれか1つ)
  4. 世帯の状況を確認できる書類の写し(戸籍謄本、住民票等)
  5. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカード等)
  6. 世帯全員の令和4年1月以降の任意の1か月の収入または令和4年中の収入見込額を確認できる書類の写し(給与明細書、確定申告書、源泉徴収票等)
  7. 戸籍の附票の写し(令和4年1月1日以降に複数回転居した人のみ)

代理申請を行う場合、以下の書類も必要です。

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類の写し(免許証、保険証等のいずれか1つ)

申請様式・記入例等

申請に必要な様式、記入要領および記入例については、以下のファイルをダウンロードしてください。
※様式は、A4用紙に両面印刷してご利用ください。

配偶者やその他親族からの暴力(DV)等を理由に避難している人

配偶者等からの暴力を理由に避難している人で、住民税非課税世帯と同様の事情にあると認められるときには、現在の居住地で申請できる可能性があります。
詳しくは、安芸太田町までお問い合わせください。

令和3年度に実施された住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

令和3年度に実施された住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関することについては、安芸太田町までお問い合わせください。

その他

  • 給付金を装った詐欺等にご注意ください。
    • 国や県、市区町村が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることはありません。
    • 国や県、市区町村が受給に当たり手数料の振込をお願いすることはありません。
    • 被害にあわないために、怪しい電話がかかってきたら、家族や知人、警察に相談しましょう。
  • コールセンターの設置
    国では臨時特別給付金に関するコールセンターを設置しています。
    電話番号 0120-526-145
    受付時間 9時から20時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)

詳細につきましては、以下の内閣府ホームページ「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について」をご覧ください。
​住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(内閣府ホームページ)<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)