結婚・離婚

 ページの概要:結婚・離婚に関する情報です。 

 このページの各種手続きは、対象となる方の状況により手続方法が異なる場合があります。
 また、このほか必要な手続きがある場合がございます。
 詳細やご不明な点については、担当までお問い合わせください。

必要な手続き

結婚
 戸籍
 ○婚姻届
 ・届書には当事者双方の署名・押印が必要です。証人欄に成人2名の署名・押印が必要です。
  また、未成年の方は、父母の同意が必要です。婚姻届を提出することにより婚姻が成立しますので、届出の期限はありません。
 ・外国籍の方との婚姻、外国籍の方同士の婚姻の場合や外国で婚姻された場合は、手続き方法が異なりますので、窓口にお問い合わせください。

  ○離婚届
 ・協議離婚では、当事者双方の署名・押印が必要です。証人欄に成人2名の署名・押印が必要です。
  なお、離婚届を提出することにより離婚が成立しますので、届出の期限はありません。
 ・調停離婚では、調停成立の日から10日以内に届出をしてください。届書には調停の申出人の署名・押印が必要です。
 ・審判離婚では、審判確定の日から10日以内に届出をしてください。届書には、審判の申出人の署名・押印が必要です。
 ・判決離婚では、裁判確定の日から10日以内に届出をしてください。届書には、訴えの提起者の署名・押印が必要です。
 ・和解離婚では、和解成立日から10日以内に届出をしてください。届書には、訴えの提起者の署名・押印が必要です。
 ・認諾離婚では、認諾の日から10日以内に届出をしてください。届書には、訴えの提起者の署名・押印が必要です。

 ○離婚の際に称して いた氏を称する届(戸籍77条の2の届)
 ・離婚と同時に届出をすると、離婚後も婚姻中と同じ氏を名乗ることができます。
  離婚により旧姓に戻った場合でも、離婚の日から3ヶ月以内は届出でき、婚姻中の氏に変更できます。

 ○入籍届(子の氏の変更)
 ・離婚により戸籍が子と別になった方で、子を離婚後の戸籍に入籍させたい場合は、家庭裁判所で「子の氏変更の許可」の審判を得て、入籍届を提出してください。
 ※ その他養子縁組等は、お問い合わせください。
  関連ページ


 住民登録
 戸籍届出により氏や本籍は、自動的に変更しますので変更手続きはありません。
 ※住所変更のある方は、別に手続きが必要です。
  関連ページ
メニューに戻る

ひとり親家庭になったとき

 ひとり親家庭等医療
 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童と被扶養義務者に保険診療の自己負担の一部を助成します。
  関連ページ


 児童扶養手当
日本国内に住所があって、父母が婚姻を解消した児童等(18歳に達する日に属する年度の末日まで。ただし、児童が政令で定める程度の障がいの状態にある場合は20歳未満。)を養育している場合に手当が支給されます。  
  児童扶養手当のページ


  
  ・福祉事務所 0826-25-0250
メニューに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしの情報
ライフイベント
届出・証明
子育て
教育・文化
年金・保険
税金
生活・環境
健康・福祉・病院
安心・安全
地域情報
その他