子育て・教育

 ページの概要:子どもを育てるための制度やサービス

 このページの各種手続きは、対象となる方の状況により手続方法が異なる場合があります。 
 また、このほか必要な手続きがある場合がございます。
 詳細やご不明な点については、担当までお問い合わせください。

子育て支援・相談

立つあかちゃん
 チャイルドシートなどを借りたいとき
 ●チャイルドシートの購入・レンタルする場合の費用の一部を助成します。
  ・チャイルドシート:おおむね9か月から4歳ぐらいまで  (生後まもなくからおおむね6歳まで継続して使用可能なチャイルドシートも対象とします。)
 ●ベビーシート、ジュニアシートは無償で貸し出します。
  ・ベビーシート:おおむね生後まもなくから9か月ぐらいまで
  ・ジュニアシート:おおむね3歳から6歳ぐらいまで
  チャイルドシートについて


 子育て支援
 子育て支援・相談・交流、在宅の親子の支援を行っています。 楽しい講座等も実施。午前9時から午後2時まで。
  子育て支援センターについて


 お陽さま相談
 主に言葉の遅れ、多動、学力の遅れなど、子育てに悩みを持っておられる人や、障がいのある人に係る関係機関等を対象に、月1回、相談支援専門員による相談(要予約)を行っています。

  
  ・健康づくり課 0826-22-0196


 身体障害者相談員・知的障害者相談員
 町より委託された相談員が、地域の中で、障がいのある人や家族などの相談に応じ、必要な助言や指導を行っています。

  
  ・福祉課 0826-25-0250


 母子自立支援員
 母子家庭・寡婦に対し、生活一般の相談に応じ、経済・教育など諸問題の解決を助け、その自立に必要な助言を行っています。また、県が実施している各種貸付金の相談、手続援助も行っています。

  
  ・福祉課 0826-25-0250
メニューに戻る

保育所・幼稚園

すべり台で遊ぶ子ども
 保育所、認定こども園に入所するとき
 仕事などの理由により家庭で保育できない乳幼児を預かります。
 ●保護者の所得税額などによって保育料が異なります。
 ●各保育所では短時間利用児(保育に欠けない子)の受け入れもします。
 保育所、認定こども園の紹介
 保育所、認定こども園に入所するときは
 一時保育の利用について 


 幼稚園に入園するとき
  小学校就学前までの幼児が対象で、入園は満3歳児からできます。
  町内幼稚園の紹介


  留守時や放課後子どもを養育することができないとき
 昼間保護者のいない留守家庭の児童に対し、遊びの中で学ぶことによって児童の健全育成を行います。学校の長期休業中や代休の場合も対応します。 
  児童センターについて
メニューに戻る

小・中学校

小学生習字と中学生
 小学校・中学校へ入学するとき
 町内に住所がある家庭の児童・生徒は、教育委員会が指定する町内の小学校・中学校に就学しなければなりません。(就学学校名、入学期日をお知らせする入学通知は、1月1日現在の住民登録に基づいて1月31日までに保護者に通知します。)
  町内小学校の紹介
  町内中学校の紹介

 
 ・教育委員会事務局(学校教育課) 0826-22-1212

 他の市町村から安芸太田町へ転入するとき
 はじめに転校先の学校と在籍校に転校される旨をご連絡ください。
                  
1 転入手続きをします。
  旧所在地の市役所、町役場で発行の「転出証明書」をもって
   *安芸太田町役場住民生活課(1階)
   *安芸太田町役場加計支所住民生活課(1階)
   *安芸太田町役場筒賀支所住民生活課(1階)
  のいずれかの窓口で手続きをします。

2 安芸太田町教育委員会学校教育課(加計:川・森・文化交流センター3階)での手続き
  1の手続きの後、学校教育課に転入したことをお伝えください。
  「転入申請用紙」に記入していただきます。
  学校教育課で「異動通知書」をお渡しします。
  (「異動通知書」については教育委員会と学校が直接受け渡しを行う場合があります。)

3 転校先の学校での手続き
  2の「異動通知書」と旧住所在地在籍校で発行された
  「在学証明書」、「教科書給与証明書」をもって転校先の学校へ行きます。
  (すべて学校が回収しますので必ずご提出ください。)

 
 ・教育委員会事務局(学校教育課)  0826-22-1212
 ・安芸太田町役場住民生活課       0826-28-2116
 ・安芸太田町役場加計支所住民生活課 0826-22-1111
 ・安芸太田町役場筒賀支所住民生活課 0826-32-2121
 ・学校 電話番号一覧はこちら

 安芸太田町から他の市町村へ転出するとき
 はじめに、転校先の学校と在籍校に転校される旨をご連絡ください。

1 転出手続きをします。
   *安芸太田町役場住民生活課(1階)
   *安芸太田町役場加計支所住民生活課(1階)
   *安芸太田町役場筒賀支所住民生活課(1階)
  のいずれかの窓口で手続きをし、「転出証明書」が発行されます。

2 安芸太田町教育委員会学校教育課(加計:川・森・文化交流センター3階)での手続き
  1の「転出証明書」をもって学校教育課へ
  「転出申請用紙」に記入していただきます。
  (「異動通知書」については教育委員会と学校が直接受け渡しを行う場合があります。)

3 在学校での手続き
  2の「異動通知書」をもって在籍校へ行き、学校へ提出してください。
  (学校が回収します。)
  在学校で「在学証明書」、「教科書給与証明書」が発行されます。

4 新住所地の市役所・町村役場で転入の手続きをします。
  1の「転出証明書」と3の「在学証明書」、「教科書給与証明書」をもって手続きをします。

 
 ・教育委員会事務局(学校教育課)  0826-22-1212
 ・安芸太田町役場住民生活課       0826-28-2116
 ・安芸太田町役場加計支所住民生活課 0826-22-1111
 ・安芸太田町役場筒賀支所住民生活課 0826-32-2121
 ・学校 電話番号一覧はこちら

 通学区域の弾力化制度を利用して、他の区域の学校に通学するとき
 小学校新1年生入学時、新5年生進学時、中学校新1年生入学時に限り区域外の学校が選択できます。(人数の制限があります。)

 
 ・教育委員会事務局(学校教育課) 0826-22-1212
 ・学校 電話番号一覧はこちら


 就学費用のことで困っているとき
 義務教育の児童・生徒のいる保護者で経済的に困っている方に、学用品費・給食費などを扶助し、お子さんの就学を援助する制度があります。申請には就学援助申請書、前年の収入が証明できるもの(源泉徴収票等)が必要です。
  奨学資金基金の貸付…高校・大学・専門学校等に進学を希望し、奨学金を必要とされる人に対して貸し付けをする制度があります。

 
 ・教育委員会事務局(学校教育課・学校) 0826-22-1212
 ・学校 電話番号一覧はこちら
メニューに戻る

住まい

安芸太田町で子育てをしたいとき
 子育て世代を対象とした住宅取得支援補助金制度があります。
  補助金制度について(上殿定住促進団地のページ)

 
 ・地域づくり課 0826-28-2112
メニューに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしの情報
ライフイベント
届出・証明
子育て
教育・文化
年金・保険
税金
生活・環境
健康・福祉・病院
安心・安全
地域情報
その他