予防接種のお知らせ

 予防接種とは、感染症の原因となるウイルス、細菌、菌の毒素を弱めて作ったワクチンを体に接種することで、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることです。

予防接種の種類

 
  乳幼児期(0歳~6歳) 学童期(小学生以降)
定期予防接種
 ヒブ
 小児用肺炎球菌
 BCG
 4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ混合)

  ※4種混合導入前に接種を開始した場合
     ・ポリオ
     ・3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風混合)
     ・ジフテリア・破傷風混合(百日せきになった子)
 日本脳炎 第1期 (1回目・2回目・追加)
 麻しん・風しん混合(第1期・2期)
 水痘(水ぼうそう)
 B型肝炎
 
 日本脳炎 第2期
 ジフテリア・破傷風混合(DT) 第2期
 子宮頸がん予防ワクチン(女子のみ)
任意予防接種  おたふくかぜ
 ロタウイルス
 インフルエンザ など
インフルエンザ など
定期予防接種と任意予防接種の違い 
 
 定期予防接種は予防接種法に位置づけられている予防接種で、定められている年齢の期間内であれば、公費負担により接種できます。 
 任意予防接種は希望により受ける予防接種で接種費用は自己負担となります。また、予防接種による健康被害があった場合の救済の仕組みについて定期予防接種と異なります。かかりつけの医師と相談のうえ、接種して下さい。

予防接種スケジュール

 予防接種は、ワクチンの種類ごとに接種する年齢や回数が決まっています。生後2か月から接種できるワクチンもあります。  できるだけ早く予防接種を始めれば早くから病気を予防できるだけではなく、接種スケジュールにも余裕ができてきます。予防接種の計画を早めに立てることが重要となりますので、一覧表を参考にして下さい。

接種上の注意

接種間隔について

 予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合は間隔を守ることが必要です。接種前に最近1か月以内に受けた予防接種の種類と実施日を確認してください。
 生ワクチンを受けた方は、27日以上、また他の不活化ワクチンを受けた方は、6日以上間隔を置いて接種する必要があります。
 なお、同じ種類のワクチンを複数回接種するものにはそれぞれ決められた間隔があるので注意してください。(3種混合、4種混合、日本脳炎、不活化ポリオ、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘)
 接種間隔など接種に関することは、予防接種実施医療機関にご相談ください。
接種上の注意
その他注意事項

 予防接種には子どもの健康状態をよく知っている保護者が連れていきましょう。 
 予防接種の記録として母子健康手帳への記入や予防接種済証が発行されます。接種記録は就学時健康診断や海外航路、就職の際に必要となることがあります。母子健康手帳は大切に保管しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関する問い合わせ先

  • 健康づくり課 0826-22-0196
暮らしの情報
ライフイベント
届出・証明
子育て
教育・文化
年金・保険
税金
生活・環境
健康・福祉・病院
安心・安全
地域情報
その他